WiMAXキャンペーンを比較するなら【わくわくWiMAX調査隊】

WiMAXのお得なキャンペーン特典

モバイル通信の中でもWiMAXは料金が安く、電波の安定も良く、通信速度も速いので、利用者が多い通信サービスです。 WiMAXを利用する場合、プロバイダ契約をするとお得なキャンペーン特典があります。 WiMAXプロバイダは@niftyやso-net、biglobeなどたくさんの会社がサービスを提供しています。

@nifty wimaxでは「WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題」を申し込むと、対応機器が1円や無料といった、お得なキャンペーンがあります。 「WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題」とは、2年間の契約で月間データ通信量が無制限の使い放題になる定額のプランです。 通常のプラン(7GB制限のあるPLAN)よりも月額費用が少し高くなりますが、通信料を気にせず利用したい方人には嬉しいキャンペーンです。

定額制なので、料金を気にすることなくどこでもインターネットを使うことができます。 このキャンペーンを利用すると、月額利用料が安くなる上に、Wi-Fiモバイルルーターとクレードルのセットが1円で購入できます。 モバイルルーターは数種類の中から選ぶことができて、色はもちろん、デザインが異なるものまで選べます。 初期費用は登録手数料が3000円で機器送料は無料なので、対応機器の代金と登録手数料3000円、つまり、3001円のみで済みます。

月額利用料は「WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題」の利用料の4,100円程度と@niftyの基本料金となります。 設定は指定された英数字を入力するだけで、すぐに使えるようになるので、パソコンの知識があまりなくても安心です。 so-netの場合はタブレット(iPad Air 2/iPad mini 3/Xperia(TM) Z3 Tablet Compact/ Xperia(TM) Z2 Tablet)がレンタルできたり、15,000円のキャッシュバックがもらえたり、さまざまな特典があります。 キャンペーンの内容は時期によって変わってくるので、契約の際は確認が必要です。"

WiMAXのサービスを提供しているのは、大手プロバイダだけではありません。 家電量販店のエディオンでも、サービスの提供が行われており、データ端末が1円で購入できるキャンペーンを展開しています。 種類も豊富で、全6機種の中から自由にデータ端末を選ぶ事ができます。

ただ、データ端末の1円キャンペーンという点でいうと、@niftyも負けてはいません。 @niftyも、現在1円でデータ端末が購入できるキャンペーンを展開しています。 種類は3種類と少ないですが、Wi-Fiモバイルルーターにはクレードルがセットになっています。

エディオンは、クレードルは別売りとなっているので、クレードルが必要な場合は、購入しなければいけません。 その点、クレードルがセットで1円となっている@niftyのキャンペーンの方が、種類は少ないとはいえお得と言えるのではないでしょうか。

料金プランはどちらも、2年契約となっています。 毎月の支払い料金も気になるのではないでしょうか。 エディオンのギガ放題プランは毎月4,380円、@niftyのキャンペーンでは毎月4,100円なので、後者の方が毎月280円安くなります。

しかし、エディオンカードを持っている場合、200円の割引が受けられます。 割引後の価格は、4,180円となるので@niftyと80円の差しかなくなる可能性もあるという事です。 その為、カードを作っているのであれば、カードの割引を活用してWiMAXを利用した方がお得と言えるでしょう。

また、今すぐにWiMAXを利用したいといった場合にも、家電量販店のキャンペーンは魅力です。 例えば、@niftyやBIGLOBE、So-netといったプロバイダの場合、データ端末の到着にまで日数がかかります。 @niftyは最短4日と謳っていますが、それ以上かかるケースも珍しくはありません。 その点、エディオンのような家電量販店は、店舗での申込が行えます。 つまり、店舗に希望する機種があれば、その場で申込が済むので、申し込んだその日からWiMAXを使う事も不可能ではないという事です。

その為、今すぐにWiMAX環境が必要だという方は、申込が行える近くの店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか? しかし、それほどまでに急いで環境を整える必要がないという方は、キャッシュバックキャンペーンも展開されている@niftyやBIGLOBE、So-netといったMVNO回線業者を選んだ方がお得です。

一人暮らしを始めるとなると、何かとそろえるものが多くて大変です。 最近は家財道具の他に、インターネットの回線の新規契約も一人暮らしの必須アイテムになっています。 インターネットの回線を新たに契約するには、いくつかの方法があります。 ひとつは光やADSLの回線を家庭に引き込む方法です。 あとは、スマートホンを使ってテザリング接続をする方法と、モバイル通信を使う方法です。

光やADSLの回線を引く場合は、家の外の中とで工事をする必要があります。 一人暮らしの場合はアパートやマンションといった集合住宅がほとんどだと思います。 集合住宅の場合、すでにインターネット回線が全室に設置してあればいいのですが、設置がない場合は大家さんの許可をもらって工事をする必要があるので、面倒ですし許可がもらえないこともあります。

大家さんが工事の許可をくれたとしても、工事の日には立ち会う必要があります。 一人暮らしで昼間働いている場合、なかなか工事日の都合をつけるのは難しいものです。

スマートホンのテザリングの場合は、スマートホン自体がテザリングに対応している機種でなくてはいけないので、機種変更する必要が生じることもあります。 また、携帯電話の会社によっては電波が弱く、動画などが快適に見れないということもあります。

そうなると、モバイル通信が一番便利な気がします。 モバイル通信はルーターを持っていれば、家の中でも外でも好きな場所でインターネットを利用することができます。 ルーターといっても、モバイル通信のルーターはスマートホン程度の大きさなので、持ち運びが大変ということはありません。

「WiMAXキャンペーンを比較するなら【わくわくWiMAX調査隊】」の更新情報